北海道旭川のお菓子屋「シュークリームの梅屋」です。

  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • リンク集
  • UMEYA
トップページ   >   商品一覧   >   What's That? シュークリーム

What's that? シュークリーム

What's that? シュークリーム

シュークリームって?

梅屋のシュークリーム

 ルーツはイタリア。生まれはフランス。
 シュークリームは、フランス語の「シュー(キャベツ)」と英語の「クリーム」を合わせた造語。
 16世紀中頃、イタリアの王女カトリーヌ・ド・メディチがフランスの王子アンリ二世と結婚する際に、製菓長としてカトリーヌと一緒に渡ったポプランによって「パータ・シュー(シュー生地)」がフランスに持ち込まれました。その後、生地の中に詰め物をしたお菓子が生まれ、それが、シュークリームのはじまりとなったようです。
 以来、長いときを経て、シュークリームは世界各地に広がっていきました。

 明治時代中期には日本でもポピュラーに。
 シュークリームが日本にはじめて伝えられたのは、幕末から明治初期といわれます。
明治時代中期には、すでに日本のお菓子文化のなかに溶け込み、身近で手軽に楽しめるおやつとして定着していきました。ちなみに当時の新聞広告のなかには「シウ・アラ・ケレム」という名が登場したり、その後、書物によってシュークリームの「家庭でのつくり方」が公開されたり…。  しかし、昨今のようにどの菓子店にもシュークリームが並ぶようになったのは、昭和30年代に入ってからのこと。冷蔵ショーケースの普及とともに急速に全国各地の店先で目にするようになりました。

 スウィーツ御三家の一つとして新たな人気を獲得。
 最近では菓子店だけではなく、コンビニでも手に入るようになり、シュークリームは手軽に楽しめるデザートとしての地位をますます高める一方で、個性が求められるようになってきました。そんな理由から、どこにでもあるシュークリームというよりも、そこでしか味わえないシュークリームが脚光を浴びています。
 シュークリームはシンプルだからこそ、素材のこだわりや味のバランスが美味しさを左右します。それゆえに、素材選びやつくり方などの深いこだわりと職人がもつ高い技術力が不可欠で、彼ら職人がつくる絶品のシュークリームは、どのお菓子・デザートにも負けないほどの魅力をもち、スウィーツ御三家(シュークリーム・ショートケーキ・プリン)として新たな人気を博しています。

梅屋のシュークリーム

梅屋のシュークリーム

 大正3(1914)年創業の菓子処「梅屋」が、独自の生シュークリームをつくりはじめたのは、昭和39(1964)年のこと。
 以来、北海道の新鮮なミルクや卵をたっぷりと使った生クリームとカスタードクリームを絶妙にミックスした味は、多くの人々に愛され、クチコミによって多くの人々へ伝えられてきました。
 そうして現在でも全国各地のみなさまから「あの時食べた梅屋のシュークリームの味が、忘れられない。」という声に励まされながら、昔のまんまのつくり方で、あの頃と同じように、梅屋ならではの“とろけるような舌触り”をお届けしています。
 また、梅屋のシュークリームは「一度に何個でも食べられてしまう」と、よくいわれますが、それは余計なものを一切使用していないためです。
 シュー皮のなかからあふれる雑味のない自然なクリーミーさ。そして、高度な職人技がもたらす濃密さのなかにある軽さ。
 ぜひ一度、私たち梅屋自慢のシュークリームをご賞味ください

ページ先頭へ戻る▲